PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

15カード終了して

セ・リーグ勝敗表(2008年05月19日)
順位チーム得点失点H盗塁打率防御率
1阪 神4228131.683 -1641231923.2642.69
2中 日4324163.6003.51731334517.2652.76
3ヤクルト4019210.4755.01411442735.2483.39
4巨 人4420231.4650.51621754517.2503.89
5広 島4017212.4470.51281472821.2643.35
6横 浜4113271.3255.01361822811.2694.33

15カードを消化しました。今週の成績は
阪神・4勝2敗、中 日・3勝3敗、ヤクルト・3勝3敗、
読売・2勝4敗、広島・3勝3敗、横 浜・3勝3敗


勝ち越したのは首位・阪神のみ。
負け越したのは3位だった読売のみ。
阪神が、着々と首位固めをして、3位争いは混沌としている状態。

2008Central_0518b.png

試合ごとの貯金の推移を見ると、貯金10を超えてから停滞していたタイガースが
再び、上昇傾向なのがよくわかります。やはり連勝すると大きいですね。
中日が、落ちかけて踏みとどまってるのもよくわかります。

2008Central_Card_0518.png

カードごとの推移を見ると、さらにタイガースに安定感があるのがはっきりします。
中日も頑張っていますが、浮き沈みが出て来ました。
万全だった投手力の調子が落ち気味なのが最大の原因ですね。
順位表で見ればわかりますが、ほぼ1点台でトップだった防御率が、ここへ来て
タイガースに抜かれ2位に、防御率も大幅に上がってしまっています。
もちろん、打線・・森野の離脱の影響もあるでしょうが、やはり投手力の低下が
一番大きな原因でしょうね。

3位争いは、凄いことになっています(汗)
ヤクルトが踏ん張って盛り返し気味ではありますが、一歩抜け出せないのは、
どう見ても打線の得点力不足ですね・・リグス・ガイエルの不調をカバーしていた
青木の離脱は、相当大きいものがあります。一番の不安要素だった先発のコマ不足は
増渕・村中の安定と、川島の復帰で埋まりつつあるだけに、勿体ない状態です。

広島も、打線の調子が上がり切らず苦労しています。投手陣が頑張っている割りに、
チーム状態が上がらないのは、やはりバランスの問題かな?

読売は、再び下降線。ヤングパワーとラミちゃんパワーだけでは底がしれてます。
まずは、先発投手の安定性と抑えの波が少なくならないと、上下が激しい状態は
今後も続く予感がします。ところで・・主力の復帰っていつ?あるの?(激汗)

横浜は、間違いなく開幕時よりは良くなってますね。
しかし、続きません・・中継ぎが弱すぎて、ゲームを壊しているのが痛いですね。

さて、いよいよ交流戦ですが・・・
この状態がどう変わるのか?不安でもあり、楽しみでもあります。
昨年から実施されている2試合ごとに組まれたカードにより、先発ローテーションが
最大のポイントになっています。
が・・・それについては、また別のエントリーで・・・(笑)

自己宣伝です(汗)気軽に御覧下さい。


コラボでアートなデザインが大集結!
はがき印刷なら

管理人の作品もありますので
是非一度御覧下さい!
★ Artist Link:CLAP
犬山市をアート発祥の地とし、
アーティストに作品発表の場を提供

アートな企画・イベント・商品開発などを
お考えの企業・団体・個人の皆様募集中!




できれば今後の励みに、御感想など是非お願いします....┏○┓``

また、ランキングにも参加中です。
首位固め着々・・(‐^▽^‐)
 と思ったらクリックをお願いします(笑)最近は、下がる一方です(泣)★


ブログ王ブログランキング にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ FC2ブログランキング 人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

| Tigers2008 | 10:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://clapz.blog108.fc2.com/tb.php/356-a94f74c7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。